胸が垂れる原因とハリを取り戻す方法

女性ならばだれもが、弾けそうな魅力的な形のバストに憧れを抱くのではないかと思います。けれどもきちんとしたケアをおろそかにすると、バストは垂れてしまう可能性があります。ここでは、理想的な胸を手にしたいと望まれている女性に対して、胸が垂れる原因と、上向きのバストを取り戻す秘訣についてお話しましょう。

 

胸が垂れる原因とは?

 

胸が垂れることを食い止めるためには、まずバストのメカニズムをきちんと理解し、垂れる要因を理解しましょう。

 

バストの構造

 

バストはメインとして、お乳を作る「乳腺」とその部分を保護する「脂肪組織」、基礎となっている「大胸筋」、内側からサポートする「クーパー靭帯」というようなもので形成されています。バストが柔らかなのは、全体の約9割が脂肪で構成されているからなのです。大胸筋はどこまで行っても土台でバストそれ自体に筋肉はなく、コラーゲン繊維で出来上がった組織のクーパー靭帯が重さを支えているのです。

 

胸が垂れる原因

 

クーパー靭帯の伸び・切れ

 

個人差はありますが、乳腺が発達する10代後半から20代前半にかけてバストは膨らみをアップさせていくのです。年齢にしたがって乳腺の発達が衰えると、皮下脂肪のパーセンテージが大きくなっていき、乳房の重さが増加します。そのためクーパー靭帯が伸びてしまって、バストラインの崩れを生じさせます。 重力に加えて、妊娠や出産なんかによるバストサイズの急速な変化も、クーパー靭帯が伸びる引き金になります。そして、激しい運動などすることで、クーパー靭帯が切れてしまうこともあり得ます。ひとたび伸びてしまったクーパー靭帯は快復させることが至難の業で、切れてしまった場合は今後一切修復することはありません。

 

エストロゲンの減少

 

乳腺の発達を活性化させ、バストのハリをキープするというのは、エストロゲンという女性ホルモンの働きに起因するものです。このエストロゲンの分泌が少なくなると、バストは弾力を失くしてしまいます。年齢に加えて、生活習慣の乱れやストレスなどによって女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンの分泌は減少します。

 

姿勢の悪さと間違ったサイズのブラジャー

 

「日頃の姿勢が良くない」「きちんとしたサイズのブラジャーを選定できていない」というような方も、自分から胸の下垂を助長させています。前かがみになっているなど、姿勢がよくないと、バスト周りにある血のめぐりが停滞し、なくてはならない栄養素が行き届きにくくなってしまって、バストはハリをなくしていくと考えられます。さらに、元々のボリュームをオーバーするブラジャーを身に着けていると、バストの脂肪が背中やお腹に流れていることになり、それとは逆にブラジャーの締め付けが強すぎても、バストをつぶしたり脂肪組織を損傷させたりしてしまうことになって、綺麗なシルエットを保持することができません。 思い当たる事が見られる方については、バストが垂れることを防止することを目的とした、実効性のある手入れテクニックを理解し実践することが必要です。

 

さっそく、ひとつひとつどのようにしたらベストなのか、3つの対処法をご紹介していきましょう。

バストケアクリーム・マニグランド

マニグランド アイリーン式育乳マッサージ

神長アイリーンさんがプロデュースし、バスト専門エステサロン「M-STYLE」で、実際に使われているバストケアクリーム「マニグランド」。アイリーン式育乳マッサージに最適なクリームです。

 

>> マニグランドの購入はこちら